ドクターズプライム Official Blog

「救急車たらい回しをゼロにする」ドクターズプライムの公式ブログです

ドクターズプライム流 新規事業の立ち上げ方

f:id:drsprime:20211221125708p:plain こちらはドクターズプライム Advent Calendar 2021の21日目の記事です。これまでの記事はこちら

こんにちは、新規事業チームの吉田(@yoshieri35)です。 インターンを経て、新卒でドクターズプライムに入社しました。

今日のテーマ

ドクターズプライムでは医師と病院の非常勤アルバイトにおけるマッチングプラットフォームを提供していますが こちらの事業以外に、新規事業を複数個立ち上げております。

今回は、「ドクターズプライムの新規事業の立ち上げ方」「どんなメンバーが新規事業に携わってるのか」について紹介します!

こんな方へにオススメの記事です!

  • 小規模なスタートアップ・ベンチャーの方や新規事業に関わる方
  • 新規事業がどのように立ち上げられているか興味がある方
  • ドクターズプライムでは、どんな人が働いているか知りたい方

新規事業のきっかけ

新規事業の立ち上がりは、基本的に既存事業や医師で代表の田からのインサイトから新規事業の種になることが多いです。 まず新規事業の種をみつけたら、仮説をいくつか持って、医師へインタビューすることで、仮説が正しそうかを探り、医師の実態を掴みにいきます。

ドクターズプライムのメンバーは、医療関係者ではない人がほとんどなので、入社時は医療関係者にとっての当たり前の感覚や情報を持っていないことがほとんどです。入社してからユーザーや顧客と接することで、医療業界の理解を深めています。よく「ドクターズプライムは医療知識がないと活躍できないのか?」と心配される方もいらっしゃるのですが、大丈夫だと思います。

ユーザーとなる医師も、あくまで人間なので、置かれている状況や構造を理解して、自分が医師の立場だったらどうなのか?という自分の感覚を持つことが重要だと思います。自分の感覚をもとに仮説を持って、実際にユーザーインタビューやユーザーの行動等で確認し、仮説検証をしていくことが多いです。

進め方の特徴

今後も試行錯誤しながら変わりうる可能性はありますが、現在2点を意識しながら進めています。

MVPで仮説検証

MVP(Minimum Viable Product)とは、顧客に価値を提供できる最小限のプロダクトのことを指します。 いきなり完璧なサービスは目指さず、顧客が抱える課題を解決できる最小限の状態で提供しています。

f:id:drsprime:20211220215917p:plain 参考文献: https://uxmilk.jp/65654

今までの既存事業も、いきなりproduct開発はせず、営業をして売れるか判断をしました。 現在検討中の新規事業もNotionを使ってユーザーへ提供しており、まだエンジニアによるproduct開発は一切行っていません。

もちろん適切なタイミングで開発していくことは必要ですが、まずはミニマムでスピーディーに仮説検証をしていくやり方で進めています。

弾み車を考える

新規事業立ち上げ時に、「今回の新規事業における弾み車はなにか?」を考えるようにしています。

弾み車とは、好循環を生み出すサイクルのようなもので、回り始めるとぐるぐると成長が持続するような概念を指します。これを弊社では戦略を作るための重要な要素として認識しています。

f:id:drsprime:20211220233914p:plain
Amazonの弾み車

詳しくはビジョナリー・カンパニー 弾み車の法則という本に書いてあります。

弾み車を考える際は、

  • その新規事業のビジネススキームはなにか?
  • それを弾み車にするとどうなるか?

という流れで考えます。

そこでできた弾み車がそのプロジェクト上の戦略のコアになります。

また、新規事業の当初から、いきなりビジネススキームや弾み車は見えてこないので、走りながら組み立てていく形に近いです。

実際のやり方

また、これまで書いた進め方の特徴を踏まえて、実際の具体的な進め方となるステップ5つを紹介します。

①全社戦略における新規事業の位置付けを明確にする

なぜやるのか?が明確にならないと、意思決定が定まらないので、戦略上のどこに紐付いているのかをまず整理しています。 また進めていく中で、戦略上の紐付きは複数の事業やプロジェクトの間で生まれることもあります。

②最重要としている指標を決める

ドクターズプライムでは、ユーザーの体験を重視しているので、それを踏まえて、新規事業における大事にしたいこと・指標を決めています。いわゆる北極星と呼ばれる指標です。

③最重要指標を伸ばすために、弾み車を作る

最重要指標に向かって最短で進めるように、どのような好循環を生み出したらいいのかを考えます。

④最重要指標を伸ばすために、センターピンを決める

センターピンという指標はボウリングに例えており、ストライクを取るためにはセンターピン、つまり一番手前にある真ん中のピンを外してはいけません。ボウリングではセンターピンに当ててこそストライクが取れるので、最重要指標を伸ばすための鍵となる指標がどこなのか明確にします。

⑤マイルストーンを決める

マイルストーンは仮説検証のステップであることが多いです。各要素をどの順序で、いつまでに完了させる必要があるのか?を明確にします。

どんなメンバーが働いているの?

f:id:drsprime:20211221005746j:plain
左から、田(代表)、鈴木、吉田(私)、大貫、山田

現在は、代表の田、そしてインターンから新卒入社した4名でチーム構成しています! 組織編成上、インターンから新卒入社したメンバーが固まっていますが、たまたまです。

新規事業は複数個あり、現状人数が足りておらずやることを絞っているので

  • 新規事業づくりに携わりたい方
  • 新規事業立ち上げの経験がある方

はぜひお待ちしております!

現状社員数は12名ですが、インターンからの新卒入社組も5名ほどおり、若手でも新規事業に登用してもらえる会社です。また、現状のチームメンバーはドクターズプライムでの立ち上げ経験しかないため、ぜひ事業立ち上げのご経験がある方は力を貸してください!

新規事業の立ち上げ方はこれからも模索しながら、頑張っていきたいと思います。ここまで読んでくださった方ありがとうございました!

参考文献

一緒に働く仲間を募集しています

ドクターズプライムでは「救急車のたらい回しをゼロにする」というビジョンの実現に向けて、病院向けのSaaSプロダクトおよび、医師/病院間の最適なマッチングを提供するマッチングプラットフォームを展開しており、一緒に働く仲間を募集しています。

まずはカジュアルにお話ししてみませんか?

meety.net

speakerdeck.com